雲のやすらぎ テレビでも話題の敷き布団

雲のやすらぎはシングルとダブル(セミダブル)どっちが良い?

雲のサイズには、3つのサイズがあります。

  • シングルサイズ:横100cm×縦200cm
  • セミダブルサイズ:横120cm×縦200cm
  • ダブルサイズ:横140cm×縦200cm

縦は一律で200cm。高身長の方でも問題なく使えます。

 

横のサイズは、100cm/120cm/140cmの3つがあります。
では、どうやって選ぶのが良いのでしょうか?

 

第一に、使う人の体格を基準にする。
そして第二に、部屋のスペースや収納まで考えるのが良いでしょう。

 

雲のやすらぎが選ばれる8つの理由

 

体格を考慮に入れたとしても、
幅は100cmでほとんどの人は大丈夫です。

 

一人で使う場合の布団・ベッドの大きさの目安は、
「自分の肩幅 + 30cm」と言われています。

 

日本人の成人男性の平均肩幅は約45cmなので、
横幅が75cmあれば十分。
寝返りをうつことも出来ますし、リラックスして眠れるでしょう。

 

このサイズでひとりが寝るには十分と言われているので、
シングルサイズの100cmなら尚の事心配ありません。

 

体格が少し大きめの人や、布団の上でゴロゴロ寝転がりたい人
セミダブルサイズの120cmが選択肢に入ってきます。

 

注意点としては、「ダブル」という単語が入っていますが、
2人で使うには向かないこと。
やや窮屈に感じてしまうので、2人で使う予定がある方は選ばないようにして下さい。

 

「2人で使いたい」という方は、ダブルサイズ一択です。

 

2人で使う布団・ベッドの大きさの目安として、
「2人分の肩幅 + 50cm」と言われています。

 

日本人の成人女性の平均肩幅は約40cm。
つまり、45cm(成人男性) + 40cm(成人女性) + 50cmですね。
ゆったりとリラックスして寝ることが出来るサイズは135cm。

 

ダブルサイズの横幅140cmは、丁度良いサイズだと言えます。

 

まとめ

まとめると、このようになります。

  • シングルサイズ:一人で使うには十分なサイズ
  • セミダブルサイズ:寝るのが好きな方、布団の上でごろごろ寛ぎたい方
  • ダブルサイズ:2人で使いたい人のためのサイズ

これを目安にするのが良いのではないかと思います。

 

雲のやすらぎに興味を持った方は、こちらからチェックして下さい。
>>> 浮圧敷布団【雲のやすらぎ】